店舗でもネットでも

ネクタイを結ぶ男性

アーバンリサーチは、洋服や雑貨のセレクトショップで、商業施設等の交通の便が良い所に店舗があります。オンラインショップも充実しており、店舗のスタッフが着用している写真もたくさん見ることができます。

Read More..

オンラインで便利購入

腕を組む男性

現在ファッションブランドの洋服購入時にオンラインで通販をするということもあります。パソコンやスマートフォンを利用して通販することができ、欲しいブランドの商品を簡単に検索して見つけられます。

Read More..

下着へのこだわり

ベストを着た男性

30代メンズファッションの中でも下着にこだわりがあるという人はたくさんいます。素材にこだわりがあり、保温性がある等高性能な下着を着用する人が多いです。外国の下着専門のブランドもあります。

Read More..

レザーの製品

ジャケットを着る男性

レザージャケットの選び方。

レザージャケットには多くの種類があります。本革製のレザージャケットは値段は張りますが、何度も着用して独特の風合いや変化を楽しむことができます。 対して合成皮革製は本革製と比べると格段に価格が抑えられますが、 素材の劣化が激しく長年の着用には向きません。 まずは、ひとつの製品を時間をかけてじっくり楽しみたいのか(=本革製)、 値段を抑えて流行に合わせてデザインや色で楽しみ、買い替えていくのか(=合成皮革製)、 それを考慮して素材を選ぶ必要があります。 希望の素材が決まったら、次は形です。 綺麗めに着る場合は、本格的なブレザータイプ。 少しハードに着たい場合は、もとはバイク乗りのために作られたライダースタイプ。 レディースの場合は襟のないノーカラータイプだと、レザージャケットでも柔らかい印象を与えることができます。 いずれの場合も、最近のトレンドはコンパクトなタイプです。 もたつかず、冬コートの下にも着ることができます。

お手入れと保存方法。

希望のタイプのレザージャケットを手に入れたら、次はお手入れの仕方です。 どのデザインでも本革製を選んだ場合は、家庭で水洗いするのは困難です。 プロのクリーニングでも特殊な洗浄技術が必要となるため、受け付けていないところもあります。 本革製品は湿気に弱く、カビが生えやすいので、まずは自宅でのケアに気を使うべきでしょう。 着用後は、ホームセンターなどで売っているレザークリーナーを柔らかい布につけて、丁寧に拭きます。 特にダメージの激しい襟や脇、袖はゆっくり何度も拭くと良いでしょう。 その後は数日陰干しして下さい。 このひと手間でカビの発生を防ぎ、レザージャケットにどんどん風合いが出てきます。 そして年に一度は、レザー専門のクリーニング業者に任せて下さい。 合成皮革製は、家庭での水洗いができるタイプもあります。 またドライクリーニングできるものが大半のため、お手入れには手間がかかりません。 簡単に済ませたい場合はプロにお任せすると良いでしょう。